スターキャット・ケーブルネットワークの直営館で上映する
映画情報や映画に関する様々な情報をお届けします!


上映中の作品

2018年9月8日(土)~2018年10月5日(金)センチュリーシネマ伏見ミリオン座

伏見ミリオン座

樹木希林さん追悼上映『あん』(113分)

樹木希林さん追悼上映『あん』

ドリアン助川の同名小説「あん」を、世界を舞台に創作活動を続ける監督・河瀨直美が映画化。日本を代表する女優・樹木希林をはじめ、抜群の演技力で独特の存在感を放つ永瀬正敏、樹木の実孫である新星・内田伽羅(うちだきゃら)や、芸歴50年を超えようやく樹木との共演が実現した市原悦子など、豪華キャストで贈る、心揺さぶる作品。縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…。

監督:河瀨直美
出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子
※9/22(土)~10/5(金)期間限定上映

K SEVEN STORIES Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」(65分)

K SEVEN STORIES Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」

覆面作家集団「GoRA」とアニメーション制作スタジオの「GoHands」がタッグを組み、「王」と呼ばれる存在と、その下へ集う特異能力者たちの戦いを描いたオリジナルアニメーション『K』の劇場版。小説や漫画で発表されているストーリーや書き下ろしのオリジナルストーリーをアニメ化し、順次劇場公開する『K SEVEN STORIES』のエピソード2。単身で「黄金の王」國常路大覚に挑み、敗北した「緑の王」比水流は、いつか必ず「ドレスデン石盤」を奪いとると誓う。それから7年後、國常路家に仕える名家の一人息子である五條スクナは、家を出て「jungle」で頭角を現しはじめていた。自由だがどこか行き場のないいらだちを抱えるスクナの前に、「jungle」幹部の御芍神紫が立ちはだかる。
※各エピソード同時上映:Spin-off Short Movie『ザ・アイドルK』

監督:鈴木信吾
出演:興津和幸、釘宮理恵、森田成一
※当日料金一律1,800円

~伏見ミリオン座2019年4月移転記念イベント~ 最後の35mmフィルム映画上映『野獣死すべし』(118分)

~伏見ミリオン座2019年4月移転記念イベント~ 最後の35mmフィルム映画上映『野獣死すべし』

ハードボイルド映画の金字塔。死に取り憑かれ、次々と犯罪を重ねる主人公を松田優作が鮮烈に演じる。
通信社のカメラマンとして、アンゴラ、レバノン、ウガンダなど、世界各地の戦場を渡り歩いた経験を持つ主人公・伊達邦彦。彼は相棒と組んで銀行を襲撃。神を裏切るのが目的のように、次々と殺人を重ねていく・・・。松田優作は、この特異な役作りのため奥歯を抜き、8kgの減量をし本作に挑み、役者として新境地を拓いた記念碑的作品でもある。

監督:村川透
原作:大藪春彦
出演:松田優作、小林麻美、室田日出男、風間杜夫
カラー/ビスタサイズ/1980年
※9/22(土)~28(金)期間限定上映

テル・ミー・ライズ(98分)

テル・ミー・ライズ

93歳・演劇界の“生きる伝説”ピーター・ブルック監督作品。1968年に激化したベトナム戦争を痛烈に批判した本作はその年のカンヌ映画祭に選出されるも、上映取消し。しかし同年のヴェネツィア映画祭に選出され、2部門受賞する。だが本作はアメリカやイギリスの一部の劇場でしか公開されず、しかも様々な妨害を受け、短期間しか上映できなかった。また本編も紛失し、幻の作品とされてきた。しかし、2011年に本編が発見され、修復し2012年に復活上映。そして50年の月日を経て、ついに日本でも劇場公開される!“なぜ、人は争い、なぜ、それを終えることができないのか?”

監督:ピーター・ブルック
出演:マーク・ジョーンズ、ポーリーン・マンロー、ロバート・ラングドン・ロイド
R15+

若い女(97分)

若い女

卒業制作の脚本をもとにした監督作がカンヌ国際映画祭カメラドールの快挙!フランスの若手女性監督、鮮烈なデビューを飾る。監督のレオノール・セライユは2013年にフランス国立映画学校の卒業制作として書いた脚本をもとに本作を完成させ、見事2017年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞。主演のレティシア・ドッシュは本作での体当たり演技により、リュミエール賞最有望女優賞を獲得。今後が期待される才能溢れる若手女優である。パリ中をエネルギッシュに動き回るポーラを体現したドッシュは、時代にふさわしい、何者にも媚びない新しいヒロイン像を作り出した。31歳のポーラは、10年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も仕事も無い彼女は、恋人の飼い猫とともにパリを転々とするはめに。何をやっても裏目に出てしまい、意気消沈する中、ようやく自分の居場所を見つけたかに思えたが……。自由奔放なヒロインが、新たな人生に向かって少しずつ前へと進んでいく。現代に生きるすべての女性に贈る、孤独と自由、そして希望の物語。

監督:レオノール・セライユ
出演:レティシア・ドッシュ、グレゴワール・モンサンジョン
★カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)受賞!

明日にかける橋 1989年の想い出(131分)

明日にかける橋 1989年の想い出

1989年、日本がバブル景気に湧いていた時代の静岡県のとある町。高校生・吉行みゆきは自分の人生に疑問を抱いて毎日を過ごしていた。「何のために勉強するんだろう?なんでいい大学に進学しなくちゃいけないんだろう?」。家族ともどこかぎこちなく過ごす毎日、とある事件をきっかけにみゆきの家族、心と生活は決定的にバラバラになってしまう。大人になり地元で就職したみゆき。 2010年の夏、みゆきの父親が亡くなった通夜の夜、みゆきは会社の同僚であるアヤカ、達也と共に夜の土手を歩いて行く。目の前には子供の頃、全力で走って渡れば願い事が叶うと言われていた“明日橋”が。三人は酔いに任せてその橋を渡る。そのまま朝を迎え、三人で入った喫茶店で自分達が1989年の世界に戻って来てしまった事を知る。高校生の頃、ずっと好景気が続くと誰もが信じていた時代、その時代でみゆきたちは壊れてしまった時間を取り戻す事を決意するのだが……。「あの時こうしていれば」と、過去の悲しみと後悔を背負った人生をやり直すために主人公たちが奮闘する感動エンタテイメント。監督は『向日葵の丘 1983年・夏』などで“家族の絆”を描き続けてきた太田隆文。

監督:太田隆文
出演:鈴木杏、板尾創路、田中美里
※9/22(土)~10/5(金)迄の二週間限定上映

愛しのアイリーン(137分)

愛しのアイリーン

1989年「8月の光」でデビュー以来、社会に蔓延する様々なテーマを容赦ない人間描写と圧倒的な世界観、痛烈なメッセージ性で描き続けてきた漫画家・新井英樹による同名漫コミックを、『ヒメアノ~ル』で古谷実原作の映画化という難題を、独自の視点による解釈で表現し称賛を浴びた吉田恵輔監督が、1995年の連載開始から23年の時を経て実写映画化。主演は2016年の『俳優 亀岡拓次』以来の単独主演となる安田顕。

監督:吉田恵輔
出演:安田顕、ナッツ・シトイ、伊勢谷友介
R15+

顔たち、ところどころ(89分)

顔たち、ところどころ

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆であり、2015年にはカンヌ国際映画祭で史上6人目となるパルム・ドール名誉賞、2017年には60年以上にも渡る映画作りの功労が認められアカデミー名誉賞を受賞したアニエス・ヴァルダ。そして、大都市から紛争地帯、様々な場所で、そこに住む人々の大きなポートレートを貼り出す参加型アートプロジェクト「Inside Out(インサイド・アウト)」で知られるフランス人アーティストJR(ジェイアール)。
『顔たち、ところどころ』は、そんなふたりがフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し作品を一緒に作り残していく、ロードムービー・スタイルのハートウォーミングなドキュメンタリー。

監督:アニエス・ヴァルダ、JR
出演:アニエス・ヴァルダ、JR

泣き虫しょったんの奇跡(127分)

泣き虫しょったんの奇跡

アマチュアからプロへ!史上初の偉業を成し遂げた男の実話。26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。奨励会退会後、将棋とはしばらく縁を切り、平凡な生活を送っていたしょったんに突然訪れた父親の死……。親友ら周囲の人々に支えられ様々な困難を乗り越え、再び駒を手に取ることに。しかし、プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを「やっぱり、プロになりたい――」と改めて痛感する。35歳、しょったんの人生をかけた二度目の挑戦が始まる。9歳から17歳まで奨励会に在籍していた豊田利晃監督が『青い春』以来16年ぶりに松田龍平を単独主演に迎え、監督生活20年の節目の年に挑んだ本作は、瀬川晶司五段による自伝的作品。“将棋の映画”を撮る に当たり、撮影前から瀬川五段の協力を仰ぎ入念な将棋指導を施して臨んだ対局シーンをはじめ、自身も身を置いていた世界を描くからこその徹底した演出で迫力ある盤上の戦いがスクリーンにおさめられている。

監督:豊田利晃
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗

判決、ふたつの希望(113分)

判決、ふたつの希望

第90回アカデミー賞® 外国語映画賞ノミネート、第74回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞受賞!レバノンの首都ベイルート。キリスト教徒のトニーとパレスチナ難民のヤーセルとの間に起きたささいな口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに法廷へと持ち込まれる。両者の弁護士が論戦を繰り広げるなか、この衝突をメディアが大々的に報じたことから事態は国全土を震撼させる騒乱へと発展していく……。人間の尊厳をかけ二転三転する裁判の行方は──圧倒的な驚きと感動に満ちた前代未聞の法廷劇。

監督:ジアド・ドゥエイリ
出演:アデル・カラム、カメル・エル=バシャ

劇場版 のんのんびより ばけーしょん

劇場版 のんのんびより ばけーしょん

TVアニメシリーズ第1弾・第2弾ともに「にゃんぱすー!」の掛け声で一大旋風を巻き起こした脱力系田舎ライフコメディ『のんのんびより』が待望の劇場アニメ化!
「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、いつも一緒に春夏秋冬の変わりゆく田舎生活を楽しんでいます。ある日、デパートの福引で特賞の沖縄への旅行券を当てた「旭丘分校」の面々。夏休みを利用して、皆で沖縄に行く事になるのですが…。
穏やかで何気ないけれど、笑えて、ほろっとして、心があたたかくなる。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常の中の非日常に会いにきてください。

監督:川面真也
声の出演:小岩井ことり、村川梨衣、佐倉綾音、阿澄佳奈

センチュリーシネマ

純平、考え直せ(95分)

純平、考え直せ

直木賞作家・奥田英朗の人気小説「純平、考え直せ」が待望の実写化!任侠道とSNS、若者たちの葛藤が交差する衝撃作が誕生!新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平21歳。いつか〝一人前の男〟になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を送る。そんな純平がある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平。実行の日まで、わずか三日間。偶然出会ったOLの加奈と一夜を共にし、二人は、決行の日まで行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、二人は惹かれ合っていく……。やがて決行の日は迫り…さぁ、どうする、純平!―――限られた三日間を刹那に駆け抜ける疾走感に、心を揺さぶられる新たな青春物語が誕生した。主人公・坂本純平を演じるのは『ちはやふる』シリーズ、『帝一の國』などの人気話題作に立て続けに出演して注目を集める野村周平。本作ではリーゼントにまとめた風貌で歌舞伎町のチンピラを演じ、これまで誰も見たことがない新たな野村周平像から目が離せない。監督は『女の子ものがたり』や『上京ものがたり』等で知られる森岡利行。

監督:森岡利行
出演:野村周平、柳ゆり菜
R15+

ヒトラーと戦った22日間

ヒトラーと戦った22日間

第二次世界大戦下、ナチスが建設したアウシュビッツと並ぶ絶滅収容所の1つであるソビボル絶滅収容所。死の運命にあった何百人という収容者たちが、一人のリーダーのもと、共に収容所から脱出した。反乱のリーダーは、ソ連の軍人サーシャことアレクサンドル・ペチェルスキー。武器の扱いにも精通していたペチェルスキーは収容所に入れられてからわずか22日で脱出計画を練り、その統率能力とカリスマ性で反乱を率いた。これまで歴史に隠されてきた“絶滅収容所最大の反乱”は、一体どのように成し遂げられたのか。1943年10月14日に実際に起こった反乱を、【実話】に基づき忠実に描き出す。

監督:コンスタンチン・ハベンスキー
出演:コンスタンチン・ハベンスキー、クリストファー・ランバート
PG12

1987、ある闘いの真実(129分)

1987、ある闘いの真実

すべての始まりは、一人の青年の“不可解な死”だった。警察に連行されたソウル大学の学生が、取り調べ中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表するが、裏情報をつかんだ新聞が「拷問中に死亡」とスクープし、大騒動へと発展していく。
歴史には、ある一定の時を経なければ、語ることのできない真実や裏の顔がある。遂に明かされ始めた〈韓国民主化闘争〉の全貌に迫る、衝撃の実話が完成した。

監督:チャン・ジュナン
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン

タリーと私の秘密の時間(95分)

タリーと私の秘密の時間

仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきたマーロだが、三人目の子供が生まれて、遂に心が折れてしまう。そんな彼女のもとに、夜だけのベビーシッター・タリーがやって来る。彼女は年上のマーロにタメグチで、ファッションやメイクはイマドキ女子だが、マーロが笑顔と元気を取り戻し、夫のドリューも大満足するほど仕事ぶりはパーフェクト。さらにタリーは、マーロが一人で抱え続けてきた悩みの相談にのり、見事に解決してくれる。だが、タリーは何があっても夜明け前に姿を消し、自分の身の上話は決して語らない。果たしてタリーが、マーロの前に現れた本当の目的とは?『JUNO/ジュノ』『マイレージ・マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組む。オスカー女優にして今やハリウッドのトップスターであるセロンが、タリーとの不思議な絆を深めていくうちに輝きを取り戻していくマーロを熱演。タリーの謎が解ける時、もうひとつの物語が立ち上がり、観る者の心もケアしてくれる、ミステリアスなヒューマン・ドラマ。

監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス

上映カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
MILLION MARCHE(ミリオン マルシェ)のご案内
映画屋ブログ
映画屋マガジン
企業・学校・団体の皆さまへ
おすぎのこの映画見なさい!
中部経済新聞コラム
BOYS AND MEN ~One For All, All For One~
クハナ!
復讐したい
笑ってさよなら
アヤメくんののんびり肉食日誌